あつべつメディアBLOG情報 - 「結晶のきらめき―小森忍没後55年―」

  ホーム >> あつべつメディアBLOG情報 >> 「結晶のきらめき―小森忍没後55年―」

あつべつメディアBLOG情報

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link まんまる新聞 まんまる新聞 (2018-12-17 14:09:01)

feed 「結晶のきらめき―小森忍没後55年―」 (2018-1-12 16:47:59)
 大阪に生まれ、中国古陶磁や窯業を研究し、江別市に小森陶磁器研究所(北斗窯)も設け、中国倣古(ほうこ、古くにならったもの)作品や建築材料などを世に送ってきた小森忍(1889〜1962)の結晶釉(ゆう)作品を展示するロビー展「結晶のきらめき―小森忍 没後55年―」が1月31日(水)まで、江別市セラミックアートセンター1階エントランスロビー(西野幌114)で開かれている。観覧料は無料。開館時間は午前9時〜午後5時。
 北斗窯で制作された作品を展示。北斗窯には結晶がはっきり見られる釉薬・結晶釉を使用した作品が多く、中には「宝石釉」と命名されたものもあり、小森が力を入れていたと思われる技法のひとつ。長年の研究の成果が活かされた、北海道の雪景色を思わせるような釉薬の表現という。
 問い合わせ/セラミックアートセンター【TEL】385―1004。


execution time : 0.100 sec
ページの先頭へ