厚別区最新情報

  ホーム >> 厚別区最新情報 >> メイン

  メイン  |  簡易ヘッドライン  


現在データベースには 1000 件のデータが登録されています。

rdf rss atom

最新 RDF/RSS/ATOM 記事

feed 【中止】昼間の星を見よう?サッポロさとらんど〜さっぽろ星まつり〜 in link 札幌市青少年科学館 (2021-8-25 16:00:25)
■8月28日(土曜日)・29日(日曜日) 中止になりました。
feed ちゃれんがワークショップ博物館で新年祈願!? 日本の画材で絵馬づくり in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:32:34)
長い歴史を持つ絵馬。人びとはさまざまな願いを、いろいろな絵や形の絵馬に託してきました。 このワークショップでは、絵馬の歴史を学び、日本の伝統的な画材で、自分の願いをこめたオリジナル絵馬をつくります。
feed 子どもワークショップ貝の化石で標本をつくろう! in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:28:46)
北海道博物館からほど近い、北広島市からは、ゾウやバイソン、海にすむ貝などたくさんの化石が見つかっており、北海道の自然環境の移り変わりがわかっています。 今回は、北広島市の貝の化石が入った砂の中から化石を探しだして、ホンモノの化石図鑑を作ります。また、 ...
feed ちゃれんがワークショップ稲わらで縄をつくって、巨大人間あやとりに挑戦! in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:24:54)
ふだんわたしたちが食べているお米も、茎がなくては育ちません。秋に実ったお米の部分を取ると、残るのはこの茎(稲わら)です。この残された稲わらに、使い道はないのでしょうか? 実は、昔は長ぐつだって、レインコートだって、人形だって、納豆だって、この稲わらか ...
feed 文化の日特別イベントアイヌ音楽ライブ マレウレウコンサート in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:16:10)
アイヌ民族の伝統的な歌・舞踊は、今日まで各地の個人・団体により伝承されてきました。過去の音源から伝統的な歌・舞踊を忠実に再現し、さらにそれを発展させることで高い評価を得ている女性ヴォーカルグループMAREWREW(マレウレウ)が、さまざまな楽曲を演じます。 ...
feed 子どもワークショップ親子で探検! 森のコレクションをつくろう in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:08:33)
自然史標本の採集から記録までを楽しく体験します。 博物館の周りの道を歩き、自分だけのお宝を拾い集めましょう。 博物館に戻ってきたら、調べ学習をしながらお宝カードをつくります。 これでみんなも標本収集家になれます!
feed 第18回企画テーマ展関連 連続講座?資料館をつくる−アイヌ民族によるアイヌ文化展示の歴史をたどる− in link 北海道博物館 (2021-8-25 14:00:31)
自分たちの文化を自分たちで調べ、記録し、展示する──この当たり前のことが、明治時代以降のアイヌ民族にとっては、ままならない時代が長く続いてきました。移住してきた人々が圧倒的な多数者になっていく社会の中で、アイヌ民族に対する同化の圧力が強くなり、「ア ...
feed 第18回企画テーマ展関連 連続講座?近世・近代の日本社会に流通した「アイヌ工芸品」 in link 北海道博物館 (2021-8-25 13:54:45)
アイヌ民族が制作した木製品や衣服などは、近世・近代の和人社会にも流通し、土産品などとして珍重されました。本州以南で開催された物産会や博覧会への出品事例、幕末の志士松浦武四郎の動向などから、具体的な流通の様相について探ります。
feed 第18回企画テーマ展関連 連続講座?知られざる千島アイヌの歴史―考古学が解明する文字記録以前のすがた― in link 北海道博物館 (2021-8-25 13:51:27)
北海道大学の高瀬克範さんにご専門である考古学の立場から千島アイヌの歴史について語っていただきます。
feed 第18回企画テーマ展関連 連続講座?名工の誕生:アイヌ工芸品に込められたメッセージ in link 北海道博物館 (2021-8-25 12:07:33)
アイヌ民族の工芸品は、暮らしのなかで用いられるとともに、商品として制作されてきた歴史があります。そのなかで、作家性を伴う作品が生みだされてきました。当日は、シタヱホリ・モニヲマといった江戸時代の作家や、近代の作家につき、考えてみます。また、工芸品に ...
« 1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 [100] » 

execution time : 0.083 sec

ログイン

icco クラウド版

AGTA アグタ

ページの先頭へ